Date

肌を綺麗にする方法

やっぱり歳をとってしまうと、肌の状態は衰えていくものなのでしょうか。とはいっても、いくつになっても肌が綺麗な人もいますよね。いったいどんな方法があるのかな。
Breast Cancer Ribbon

Archive for 10月, 2013

加齢の影響

posted by:

人の体内のあらゆる部位において、絶えることなく古くなったコラーゲンの分解とタイムリーな再合成が活発に繰り返されています。加齢の影響で、ここで保たれていたバランスが崩れてしまい、分解される方が増加します。

注意すべきは「汗が少しでも滲んでいる状態で強引に化粧水を顔に塗らない」ということ。かいた汗と化粧水が一緒になると肌に不快な影響を与えてしまう恐れがあります。

ここまでの研究によれば、プラセンタの多くの有効成分の中には単に様々な種類の栄養成分のみにとどまらず、細胞分裂の速度を適正にコントロールすることのできる成分がもとから入っていることが知られています。

セラミドとは人の皮膚表面において外界からのストレスを阻む防護壁的な役割を持っていて、角質のバリア機能と呼ばれる働きを担っている皮膚の角層の貴重な物質のことであるのです。

美白化粧品は乾燥肌には向かないと聞いた人も多いと思われますが、現在は、保湿を意識した美白スキンケアも売り出されているので、乾燥が気がかりという人は気軽な気持ちで使用してみる意義はあるだろうと思われるのです。
(さらに…)